アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
MVGwork
ブログ紹介
ここでは各種創作活動の内容を中心に,日々の行いを記録予定
zoom RSS

MVG博物館のHPを新設しました

2014/04/24 23:51
MVGのHP「MVG博物館」を一新して移転しました。
随時更新しています。
ブックマーク登録をお願いいたします。

http://mvg-museum.sakura.ne.jp/wp/

旧HPは追って閉鎖いたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


社内撮影用器具製作

2014/03/31 00:24
以前購入したウェアラブルカメラ有効活用の一環。

ロケ撮影のための移動車中を撮影できるように、簡易取り付け可能な撮影台を製作。
材料はS字金具、ゴムひも、板、結束バンド

画像


S字金具をこんな風に変形させて・・・
画像


結束バンドを使って、ゴムひもに取り付け。
画像


板に穴を開けて、ウェアラブルカメラの付属品のスタンドを結束バンドで固定。
画像


ゴムひもを板に、やはり結束バンドで固定。
画像


車の後部シート横の取っ手にゴムひもを通して、こんな風に取り付け。
画像


実際に撮影した映像がこちら。前半は撮影した素材そのまま。
後半は編集ソフトで手振れ補正をした映像。
補正すれば何とか使えるかも。


ロケの移動中とかに撮影して、メイキング映像素材に利用する予定。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【Mスポ】 No.010 (2014.03.15)

2014/03/15 01:07
前号までは縦書き3段組みで、スポーツ新聞風のレイアウト紙面をPDFで作成してましたが、レイアウト作業が面倒なので普通の横書きに戻します。
----------------------------------------------

新作完成! 「理の形」

2007年から制作をしていた短編作品「理の形」がようやく完成した。
当初の予定を大幅に超える時間を要した上、諸事情からユーチューブ等での一般公開は見合わせるが、出演者・協力者の方々、また視聴希望の方々には個別に限定公開URLをお知らせするのでご連絡を。
関係者の皆様、ありがとうございました。

今回の「理の形」は以前に書いた短編小説、「落ち葉は風をうらむか」のスピンオフとも言える短編映画。「落ち葉は〜」はオーディオドラマ版も作成したので、非売品ながらサンプルとしてDVD、CD、小冊子の三点セットを作成してみた。
画像
画像
小冊子には「理の形」の小説版と「落ち葉は風をうらむか」を掲載。DTPソフト・インデザインでレイアウトし、小冊子設定で両面印刷したページを、今回購入した中綴じ用ホッチキスとディスクカッターで加工した。

今後は同様のフォーマットの小冊子を、DVDのおまけとして作成する予定。
具体的には、「探検1」には原案小説「デボンの泉」、「探検2」には原案小説「楽園の誓い」、「探検3」には撮影規模が大きくなり過ぎてボツになった別案の小説版「ツングースの楽園」(まだ書いてない)をそれぞれセットにする予定。
不公平をなくすため、過去に該当DVDを購入してくれた人には、連絡があればオマケ小冊子だけお送りします。
画像
----------------------------------------------

恐竜化石模型制作販売プロジェクト始動

数年来計画していた、恐竜化石の本格模型制作の準備に取り掛かった。第一弾の取材も兼ね、上野・国立科学博物館で開催された「大恐竜展」に行ってきた。
画像
計画としては制作した原型を型取りし、量産して販売する。価格は10000円を想定している。(組立キットは3000円前後予定)
制作の進捗は随時報告していく

----------------------------------------------

探検3 マンモス編

中断していた探検シリーズの制作を再開した。二月十一日には「少年の森」で残雪を利用した撮影を出演者・升田一人で敢行。

続いて十五日の予定は大雪のため中止。(相棒の横田は当日、犬の散歩で遭難)
二十二日は「少年の森」でいくつかのシーンを撮影。

翌二十三日は、雪の中でのミニチュア撮影等のため、宮が瀬湖へ。

今後はスケジュールが合い次第、里山公園で洞窟の中の転倒・滑落シーンと、爆発する倉庫のからの脱出シーンを優先で撮影予定。それが終われば矢追純二役の横田は撮影終了。
大量に残っているミニチュア制作・撮影等は夢の島工房(代表:升田規裕)とF2デザイン(代表:升田義和)で手分けして進める。

----------------------------------------------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2012.02+03月号)

2012/04/15 23:52
■ステディーカム制作

移動撮影時、手ブレを防いで独特の浮遊感を出す「ステディーカム」。一時期、その制作を試みて失敗したが、最近になり、ネット上で自作している人の映像が多くなってきたので、それらを参考に再度制作してみた。
ネットに出回っているステディーカムは構造上、回転ブレはおさまるが、それだけであれば三脚を付けたカメラを手に持つだけでも事は足りる。やはり、歩くときの上下の振動を抑える方が効果的と思われるので、タイプC型を設計・制作してみた。

画像

テストの結果、カメラを持って走るなどの場面では一定の効果が出るようである。まずは自作ステディーカムを新作探検シリーズで使用してみる。

■短編イメージ映像作品「一滴の海 理の型 (ことわりのかたち)」

仕上げ作業中

■チームウェンズデイ3「シベリア・マンモス編」

2回にわたり宮が瀬方面でロケハンを行い、雪の必要なシーンは「宮が瀬湖園地」を撮影候補地と決定したものの、週末と積雪が合わず、結局撮影は断念。
最低限の雪のシーンは長野県・白樺湖周辺で3/31、4/1で撮影してきた。
画像

そのほかのシーンは雪無しで撮影を行い、各種デジタル合成で積雪状態を表現する。

その他の進捗)
○2/19
 地元・里山公園で各種リハーサル。写真はスノーモービルを運転するシーンの練習

画像


○2/25
 撮影場所候補の作業場を下見

○3/25
 里山公園で撮影
画像


■MVG出版関係

・連載エッセイ「チームウェンズデイ探検記」執筆スタート

■連載エッセイ「チームウェンズデイ探検記」(第一回)

2012年3月の初め、私はインターネットのライブカメラを毎日監視していた。場所は神奈川県の宮が瀬湖。別に湖の怪物出現を待っていたわけではない。湖畔にある広い公園に雪が積もるのを待っていたのだ。ここに雪が積もったら撮影を敢行する予定で、もう何週間もスタンバイしては、ぎりぎりで中止の決定をしていた。
今回は雪のシーンが多い。舞台設定がシベリアなのである。

そもそも「チームウェンズデイ探検シリーズ」とは、2008年に企画した、疑似ドキュメンタリーシリーズである。1990年に制作した自主映画「水曜スペシャル The Movie 水晶ドクロ伝説」の設定のまま、規模を縮小した探検隊の活躍を描く、というものだった。
大学生時代に撮影した探検隊は総勢7名。金はないものの時間はあったから、そんな人数で撮影することもできた。もっとも、それだけの大人数が必要なシーンはぞろぞろと並んで山道や森の中を進行するショットばかりなので、やってる方は大して面白くなかったと思う。
しかし、40歳くらいだと、企画した本人は自分がやりたいわけだから時間を工面していくらでも都合をつけるが、なかなかメンバーを集めることができない。そこで離れ業として、探検メンバーを私と私の長年の親友である横田吉彦の2人に絞り、大抵の場合、カメラマン無し、というスタイルを基本に作品にしよう、ということになったのだ。
第一弾は「シーラカンス編」というやつで、舞台は中国だった。と言っても撮影は青木が原樹海で、単に一度、樹海の中の風景を撮影したかったという動機からだ。
樹海は一見するとただの雑木林だが、土というものが極端に少なく、黒い溶岩の上に苔が這い、ちょっともののけ姫の森を思わせる感じがする。ただ、そう思ったのは、以前に行った、観光用のコースから道の横の森を見たときで、今にして思えば苔がきれいに見えるように落ち葉の掃除をした状態だったに違いない。観光用ではない樹海の中は、溶岩や苔の上に落ち葉が積もっていて、樹海のイメージの黒と緑の景色ではなかった。
ただ、見かけは「腐養土のある、のほほんとした雑木林」だが、足場は樹海特有の悪さだ。ありていに言って危ない。河原や海辺で石がゴロゴロしていて歩きにくいところを想像して欲しい。足を乗せた石が動いてバランスを崩し、さらに出した足の下の石も動いて転ぶ。これも、転ぶという意味では危ないが、樹海の危なさとは違う。
基本的に樹海の溶岩の上はやたらとごつごつしていて歩きにくいが、ゴロゴロはしていない。そしてその凹凸はすっぽりと靴がはまるサイズだったりする。よく、田んぼや干潟の泥の上を歩いて、足首が埋まり、バランスを崩してシリモチをつくレポーターの姿をテレビで見たりするが、溶岩の上ですき間に足首をとられ、シリモチをつくとどうなるか。テコの原理で足首を骨折してしまうのだ。
樹海は自殺の名所ということになっているが、自殺志願者の中には、森の奥地まで行くことなく、足首を骨折して動けなくなって死ぬ人も少なくないらしい。
ところで自殺の話が出たのでついでに書くが、いわゆる霊感が強いから樹海に行くと気分が悪くなる、という類の話は、どうなんだろうか。
確かに人が死んだ場所は気味が悪い。でも、広大な樹海の中で年間xx人の人が自殺したとして、その同じ場所に立つ確率はかなり低い。それでも樹海に入ると気分が悪くなるような霊感の持ち主であるとするなら、年間xx人が飛び込み自殺してる中央線の列車に乗ったら、毎回気絶しないとおかしいんじゃないだろうか。だってそのまさに足元で人が死んでるんである。毎日その上を通っている時点では霊感は働かず、樹海の入り口に来ただけで何か感じる、というのは、少なくてもかなり性能にバラツキがあるセンサーだなあ、と思ってしまう。
それはともかく、行ってみて分かったが、年々崩れていく土でできた地形と違って、溶岩がベースになった地形は立体的な構造が崩れず維持されていて、造形的に面白いところがある。それと、先に書いたように足元が危ない。そんな樹海で念願の撮影を行ったのだ。
実を言うとこの時点でストーリーはできているものの、撮影計画はかなりいい加減で、ひたすら森の中を歩いて、途中から洞窟に入り釣りをするシーンを撮って、あとはいくつかのショットを自宅近くで撮って繋げばいい、と考えていた。通常、自主映画を撮るときには絵コンテを用意するが、このときはメモ帳に「二人歩くロングショット」「歩く足のアップ」などというメモが書かれただけだった。それさえあれば、とりあえず飽きずに見ていられる(?)最低限のショット数だ。
ちなみにこのとき、カメラマンはいない。登場人物二人で、二人が映るときはカメラを三脚に立て、一人ずつ映るときは代わりばんこにカメラマンになる、という、ちょっと人には見せられない撮影風景だ。これは、人気がない樹海が幸いした。つらいのはロングショットである。三脚を立てて撮影場所を決め、まず相棒の横田に立ち位置まで行かせる。そして実際に歩かせて構図を決めたら、録画ボタンを押して自分もそこまで行って、今度は二人で歩く。終わったら一人でカメラまで戻り停止ボタンを押して、録画した映像をチェックする。本番中の部分はともかく、録画ボタンを押してトコトコとカメラから遠ざかっていく自分の姿はひたすら間抜けだ。足場が悪いせいもあって、時折よろめきながら、おっかなびっくり早足に歩く姿は、この後、編集作業ではずいぶん見ることになる。
ストーリーはかなり早い段階で決まっていたと思う。「デボンの泉」という自作の短編小説を劇中劇のように使って構成する、というのは恐れ多くも京極夏彦の「モウリョウのハコ」をイメージしている。ついでにいうとタイトルの「デボンの泉」は「ジュラシックパーク」をもじっている。あちらが「ジュラ紀の公園」ならこちらは「デボン紀の泉」という訳だ。(ジュラ紀は中生代の一期間。デボン紀はもっと古い古生代の一期間)
ストーリーはこうだ。ある作家が昔に書いた小説がある。小説の中で主人公は中国奥地の池に、絶滅したはずの淡水性シーラカンスを発見する。シーラカンスは古生代に誕生し、中生代の終わり、ちょうど恐竜の絶滅と一緒に滅びたと思われていた魚だ。全く架空の話と思われていたこの小説だが、古い寺からこのシーラカンスと思われる魚拓が発見されたことで、小説自体が実話を元にしたのではないか、という可能性が出てくる。そこで、わが「チームウェンズデイ」が現地の調査に赴く。
本家、川口浩探検隊はテレビの取材という大義があったが、「チームウェンズデイ」は何のために探検に行くのか。動機の部分で疑問は湧いたが、今回は「深く追及しない」という案を採用した。多分、誰かから依頼されたんだろう、主人公・川口浩は持ち前の使命感でもって困難に挑戦する。
話はややこしくなるが、チームウェンズデイには20年以上前に作った設定がある。MVG第一弾として制作した「水曜スペシャル THE MOVIE 水晶ドクロ伝説」のために作った設定だ。
まず、国際探検協会という団体がある。鉱物資源調査、海洋調査、動物の生態調査など様々な専門分野ごとにチームが分かれていて、たとえば国や企業から調査の依頼を受けると担当チームが派遣される、という仕組みだ。協会の日本支部には七つのチームがあってそれぞれに曜日のコードネームが付いている。川口率いるチームウェンズデイは一般探検部門での活躍がめざましく、そのメンバーは「水曜スペシャル」と呼ばれていた、という設定だ。
要は、ユニフォームの背中にある「水曜スペシャル」のロゴに妥当性を持たせるために作った設定だが、その続編になる「チームウェンズデイ探検シリーズ」ももちろん、この設定を踏襲することにした。(つづく)


●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況
・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2012.01月号)

2012/02/03 00:06
■短編イメージ映像作品「一滴の海 理の型 (ことわりのかたち)」暫定版ついに完成!

正月休み中に最後の造形となる「胎児の模型」を作成し、映像的には撮影・編集を終えた。仮のBGMを加えた暫定版の長さは約21分。
画像


今後の作業として以下の項目が残る。
・正式なBGMを栗木健氏に依頼。
・一部、セリフのアフレコ
・DVD版のジャケット作成

■チームウェンズデイ3「シベリア・マンモス編」

1/21(土)、地元で雪が積もっていたら自然公園内で1シーンのみ撮影する計画だったが、残念ながら積もらず中止。
その代わり、宮が瀬ダム近辺の公園には冬場、比較的雪があり、途中の道路も雪除け等の整備がされている、という情報をもらい、早々の28日、ロケハンに行ってきた。
画像
一部のシーンは撮影できるが、周辺の山林に立ち入りできないなど、かなり制約があることが分かった。
そのため、基本的には地元で積雪時に撮影することとし、3月末までに撮影出来なかった場合、富士山方面にロケに行く、というプランになりそうである。

大雑把な撮影計画は以下の通り
・崖下のサーベルタイガーのシーンを里山公園で。(半日)
・宮が瀬付近で雪関係の撮影(2日?)
・体育館で格闘技練習シーン(半日)
・輸送機セット内の撮影(1日)
・グリーンバックを使った各種撮影(半日)
・テントセット内の撮影(半日)
・合成用会議室シーンの撮影(半日)
・近隣の自然公園内での野外撮影1(1日)
・近隣の森での野外撮影2・ゲリラ関係(1日)
・ゲリラアジト撮影1(1日)
・ゲリラアジト撮影2(アクションシーン)(1日)
・各種ミニチュア撮影

出演者募集)
・外国人ゲリラ役のサバイバルゲームチーム
・探検協会新理事長役:20〜30代、演技経験者
撮影場所募集)
・空き倉庫等
スタッフ募集)
・当日のカメラ助手他雑務

■小説ネタ

今月は原稿用紙換算38ページの「魂を掘り出す男」を執筆。内容は泉鏡花風の幻想小説のつもり。

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況
・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
•升田規裕
 「ロボジー」「三丁目の夕日’64」を鑑賞。
 伊豆日帰り旅行の懸賞に当選

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2011.12月号)

2012/01/05 17:33
■短編イメージ映像作品「一滴の海 理の形 (ことわりのかたち)」暫定版年内完成ならず!

仮のBGMを入れた暫定版を年内に完成させる、と宣言していたが、体調不良(風邪)もあって作業がはかどらず、ラストの『胎児』カットを含む数カットを制作できなかった。

改めて1月中に暫定版を完成させ、正式なBGMはミュージシャンの栗木健氏に依頼する。忙しい合間に作業してもらう形のため、具体的な完成時期は未定だが、完成版はWebで公開予定。
スタッフ、出演者には暫定版の視聴のためのパスワードを教えるので、個別に連絡ください。
今後はBGMに合わせて映像を微調整するなどして完成にこぎつけ、各種コンテストなどに出品の計画。

初詣に行った、鎌倉・鶴岡八幡宮で幻覚シーン用の人ごみカットを撮影。
ラストの『胎児』カットはCGを断念し、模型を制作する。

■チームウェンズデイ3「シベリア・マンモス編」

今回の話の舞台はシベリア。雪の中での撮影は山梨方面のロケを予定しているが、地元の自然公園の地形をモデルに絵コンテを作成した1シーンは、雪を合成しながら公園で撮影するつもりである。万が一、地元にうっすらとでも雪が降った場合、一気に撮影できるような準備を進める。

ユニフォーム一部変更
共同製作者の横田氏からの発案で、ユニフォームの肩口に小さな日の丸を追加した。

■年賀状用フィギア制作

12月の30日になり、2012年の干支・辰にちなんだフィギアを制作開始。
材料はいつものようにフォルモ粘土。丸一日費やして原型完成。
31日に塗装と年賀状用の撮影・加工を行った。
2011年最後の創作物となった。
画像
画像
画像
画像
画像


■撮影見学

12月11日(日)、中川地区センターで行われた、岡津アクションクラブの撮影を見学してきた。
岡津アクションクラブの主催者、鈴木君は高校時代からの友人。
デジタル合成で背景を変える、クロマキー合成のためのグリーンバック撮影。
画像

MVGの探検3でも実験的に多用する計画なので見学させてもらったが、参考になった。

■小説ネタ

チームウェンズデイ The Movie「巌窟魔城」の原作として長編小説の執筆開始予定。小説版では撮影のことを意識せず、自由に展開させるつもりではある。

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況
・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
•升田規裕
 2,3年おきに起きる左足首痛がまたまた発症。どうやら軽い痛風らしい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2011.09/10/11月号)

2011/12/03 21:26
■短編イメージ映像作品「一滴の海 理の型 (ことわりのかたち)」

いつになったら完成するのか、という出演者・スタッフからの批判を受けつつも、映像素材として欠けている「幻覚シーン」の撮影・画像加工を順次進めている。
武田さん、細谷さん、映像素材提供ありがとう。

この作品の1/3は数秒の短い映像を詰め込んで作り込む「幻覚シーン」である。
イメージとしては、先日亡くなった、イギリスの映画監督、ケン・ラッセルの「アルタード・ステイツ」の幻覚シーンである。
いくつかのドラマシーンと、一見関連がなさそうに見える幻覚シーンを見ているうちに、テーマとストーリーが分かってくる作品にするのが狙いではある。
だが、20分程の仮編集版は残念ながら「幻覚シーンで物語のテーマを暗示させる」というレベルになっていない。
「地球の記憶」「相似世界」という2種類のイメージ映像を一旦整理して、編集のパターンを変える改善を試みている。

ほぼ、完成形が見えてきた時点で先に言い訳しておくと、今回の作品はあえて分かりやすくしないつもりである。
まずはイメージ映像として観てほしい。後で気付く人にはそら恐ろしいテーマがわかる、クイズ映像と思っていただきたい。

なんとか年内には暫定版を仕上げる予定。

■チームウェンズデイ3「シベリア・マンモス編」

撮影期間の大幅短縮を実現させるため、シーンの圧縮、撮影場所の効率化検討会議を10月に行った。
結論としては、シナリオの変更はほとんどしないものの、グリーンバック合成を多用してロケ地を少なくする方向で撮影を進めることになった。
ただ、撮影のスピードアップのため、スタッフは1名以上確保したいところ。
スタッフとして協力頂けそうな方には参考に脚本をお送りするので、ご連絡をお願いします。

■科学部活動報告

10月中に相模川水棲生物分布調査を行う予定だったが、悪天候のため中止した。
科学部の活動計画としては他に、
・ペットボトルロケットの実験と応用
・多摩ゾン川の熱帯淡水魚調査
を考えている。
参加メンバー募集中。
ちなみにMVG科学部の部長はMVG副会長の横田氏。

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況

・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2011.08月号)

2011/09/07 01:34
■短編イメージ映像作品「一滴の海 理の型 (ことわりのかたち)」ドラマ部分の全撮影終了

8/20、友人の鈴木君の仕事場である、鈴木塗装店の事務所を使わせてもらって研究所シーン撮影を行った。出演者は木下聡さんと升田。スタッフは鈴木君と元同僚の渡辺さん。

画像

これで主なシーンは全て撮影終了だが、今回の作品はドラマメインというより、雑多な映像を組み合わせたような実験イメージ映像なので、細々としたショットを大量にコツコツと撮り足していく必要がある。
映像素材として足りないものは以下の通り。
・実写雑景:40ショット
・CGアニメーション:1ショット
・マット画:15ショット


●その他の進捗状況 

8/06 ニュースナレーション(横田分)録音
8/07 公園で雑景撮影
8/08 以降 各種模型撮影と映像加工
随時編集中

9月中には仮編集版に仮の音楽をラフに入れ、ミュージシャンの栗木健さんにサウンドトラック作成依頼をしたい。


■ドキュメンタリーシリーズ

TVKで放送中の「キンシオ」を参考に、MVGのコンテンツ拡充のため、レポート番組シリーズの制作をスタートする。基本的にカメラマンとレポーター(増田知也さん)のみで撮影予定。


■チームウェンズデイ3「シベリア・マンモス編」

今月は特に動き無し。
映画版制作に伴って、技術的な実験を取り込みながら、撮影期間の大幅短縮を実現させるため、来月から検討を始める。
基本的にストーリーはそのままに、シーンの圧縮、撮影場所の効率化を図る。いくつかのシーンで大掛かりなグリーンバック合成を取り入れることができれば、撮影数回分を短縮できるかもしれない。その場合はノウハウを持っているOAC(岡津アクションクラブ)に協力を仰ぐ予定。


■チームウェンズデイ The Movie「巌窟魔城」

今月は特に動き無し。
来月から徐々に設定候補出し、あらすじ候補、エピソード候補などの材料を出していけるか?
構想としては映画に先行して関連エピソードの小説版などを発表していく計画。


●販売グッズ○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2011.07月号)

2011/08/01 23:43
■短編イメージ映像作品「一滴の海 理の型 (ことわりのかたち)」いよいよ撮影大詰め

残っている撮影のうち、手間のかかる物撮りや雑景を中心に進めた。
最後に残ったドラマ部分である、研究所シーンの出演者は木下聡さんに決定。撮影は8月中旬以降の予定。

●進捗状況

 7/02 服部牧場で豚撮影
http://kanagawa-hattoribokujou.com/
 7/18 横浜で人ごみ等撮影 
 7/18 細胞模型撮影(画像はフォルモ粘土製の模型を撮影して合成したもの)

画像画像


撮影素材は随時編集中
画像画像

撮影の残りは幻覚シーン用の41ショット分と、研究所シーンの10ショット分。
8月末にはミュージシャンの栗木健さんにサウンドトラック作成依頼をする予定。

■ドキュメンタリーシリーズ

TVKで放送中の「キンシオ」(http://www.tvk-yokohama.com/kin/index.html)を参考に、MVGのコンテンツ拡充のため、レポート番組シリーズの制作をスタートする。基本的にカメラマンとレポーター(増田知也さん)のみで撮影予定。

■チームウェンズデイ The Movie「巌窟魔城」

今月は特に動き無し。
来月から徐々に設定候補出し、あらすじ候補、エピソード候補などの材料を出していけるか?
構想としては映画に先行して関連エピソードの小説版などを発表していく計画。

■「未来記」

今月は特に動き無し。
完成に向けては制作委員会を設けるべきか?整理も兼ねて、小説版を執筆して撮影済み映像の静止画と組み合わせて、連載の形で発表していく案あり。各種スタッフ・キャスト募集。

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況

・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2011.06月号)

2011/07/01 01:31
■「一滴の海 理の型 (ことわりのかたち)」進捗状況

この夏完成に向けて、撮影と編集が急ピッチで進められている。

○撮影を行ったシーン

・6/5 合成用首都高速道路撮影
・6/26 里山公園で主人公の回想シーン
画像
○モーフィングソフトの活用

フリーソフト・WinMorphのテストを兼ねて、恐竜模型の写真を動かすショットと胎児の成長のショット
をモーフィングで作成。課題もあるが、使えそうである。
画像今後、探検ビデオにも応用したい。

○工作等

同じく幻覚シーンに使用する細胞小器官模型はCGデータで制作することを断念。
いつもの通り、フォルモ粘土で制作。写真は芯の針金。
画像
幻覚シーンに使用するマット画はアクリル画でなく、PCのデータとして作成。

撮影済みのショットは随時編集中。6/30現在、映像の完成率は約75%。

○実写撮影残り

・研究者室内シーン(出演者1名未定)
・豚と子供(7/1撮影予定)
・各種合成用素材

■チームウェンズデイ探検シリーズ関連

第3弾は春以降、作業停止中。「一滴の海」撮影終了後、制作を再開予定。

○今年中に撮影可能なシーン

・探検協会の理事会シーン
・体育館でのトレーニングシーン
・輸送機内のシーン
・アジト内のアクションシーン

○冬に撮影予定のシーン

・雪が映る野外シーン全部

○募集

出演者
・密輸業者役の外国人数人。身長180センチ以上。
 アクションシーンあり。
・探検協会理事役。30代後半〜40代後半。
 演技経験者が望ましい。

スタッフ
・プラモデル作成
・撮影現場手伝い

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況

・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2011.05月号)

2011/05/31 22:22
■「一滴の海 (仮題)」進捗状況

どうもしっくりこない本作のタイトルを正式決定すべく、検討用の資料としてシナリオから小説版を書き起こした。(シナリオは抽象的なイメージ映像用で、内容がわかりにくい為)
新たなタイトルの候補は「XX(ここは未定)〜宇宙は胎児の手の中に〜」。
まだ、二転三転すると思われる。

撮影状況

キャストが未決定で撮影していなかった、テレビレポーター役3人が、横田吉彦、細谷勇悟、金子まゆみ(敬称略)に決定。
5/21、大磯海岸で撮影が行われた。
「弥生の風」以来のビデオ出演の金子さんと、録音担当の江守徹(横田吉彦)。

画像

そして「未来記」に出演の細谷さん。舞台は中国のどこかの海岸という設定。

画像

6月中に、未撮影の以下のシーンを撮影予定。
・駅前の雑踏シーン
・里山公園で主人公の回想シーン
・研究所、室内シーン
・レポーターセリフ録音(横田分)

まだ決定していないのは、研究室の会話シーンに登場予定の若手研究助手1名。

■チームウェンズデイ探検シリーズ関連

かねてより企画していた、「水晶ドクロ伝説」高画質版DVDを制作中。
現在の再編集版は、PCでノンリニア編集したものだが、当時のPCのスペックに合わせ、画質を50%まで落としているため、非常に画質が悪い。
今回再編集するのははじめのビデオ版からPCに取り込み直し、細かな編集をし直すもの。オーディオコメンタリーや特典映像などを付ける計画もあるが、音楽がオリジナルで制作したものではないため、販売は一切予定しない。
音楽をチームウェンズデイ探検シリーズのものと入れ替えて、動画サイトで公開する案もある。その際は探検シリーズのフォーマットに合わせ、ナレーションを入れる可能性もある。

画像

第3弾はスケジュール調整中

雪原が主な舞台である、第3弾は主要シーンの撮影を来年の冬、春に行うが、雪原以外のシーンは撮影できるので、キャスト、スケジュールを調整して進めたい。

■ついに始動! 水曜スペシャル愛好会30周年記念作品

5/3にミーティングを開催した。
ここで決まったのは全体スケジュールと撮影の規模。
MVGラジオ用にミーティングを録音したが、話題が政治や東京電力批判に集中したため、おそらくはオクラ入りか。

記念作品は1時間以上の長編で、仮のタイトルは「巌窟魔城」。モンスター伝奇アクションになる予定。出演者・企画スタッフ募集中。

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況
・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2011.04月号)

2011/05/08 21:18
■チームウェンズデイ探検シリーズ3

制作休止中

各種スタッフ・出演者募集中
撮影現場では何かと人手が不足します。メイキングビデオ撮影を含め、各種スタッフ募集中。遊び半分での参加でOKです。

■「一滴の海 (仮題)」進捗状況

・キャスト選定中
まだいくつかの役が未決定状態。
未決定なのは、テレビレポーター2,3人と、
研究室の会話シーンに登場の研究助手。
撮影自体は比較的簡単なので、6月中にすべて撮影終了を目指す。

・CGソフト採用
フリーソフトの「スカルプトリス」を使って、一部の幻覚シーンで3DCGを取り入れる。大幅なコスト削減が狙い。そのほかにもモーフィングソフト「WinMorph」を実験的に取り入れる。
フリーのCGソフト「スカルプトリス」を活用できないか、実験中。画面上で粘土細工の要領で、立体のデータが簡単に作成できる。
ミニチュアで作ろうと思っていた、細胞内小器官など、これが使えるといい、と考えている。

・音声加工ソフト購入
周波数の調整などによって、声を別人のように変えるソフトを試しに購入。
少ない出演者で、オーディオドラマを作る際などに有効と思われる。

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況

・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i

次号予告)

ついに始動!水曜スペシャル30周年記念作品

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月刊夢の島工房 (2011.03月号)

2011/04/03 16:02
■チームウェンズデイ探検シリーズ3

19日、積雪のシーンのみ抜き出して、河口湖近辺で日帰り撮影の予定だったが、震災の影響で中止。
今後のスケジュールも、諸々の事情が安定するまで当面白紙とする。

各種スタッフ・出演者募集中

撮影現場では何かと人手が不足します。メイキングビデオ撮影を含め、各種スタッフ募集中。遊び半分での参加でOKです。

○小道具制作>

・ミニチュアフィギア・冬バージョン
・1/6 スノーモービル
第2弾のRCジープが撮影時、パワー不足で全然走らなかった反省を踏まえ、スノーモービルは最初から自走式にせず、紐で牽引するタイプ。本体の仕掛けはヘッドランプのみ。
画像
画像


■「一滴の海 (仮題)」進捗状況

・「探検3」の撮影準備のため、各種作業を一旦停止していたが、震災の影響で「探検3」の制作中断を余儀なくされるため、制作を再開。各種映像加工から再開する。


●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

■スタッフ近況
・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i

■無料公開作品

4月上旬から、チャンネルiで過去のMVGオリジナル作品を無料で公開していく予定。
http://www.channeli.jp/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2011.02)

2011/03/20 20:30
■「一滴の海 (仮題)」進捗状況

・顕微鏡で見た映像撮影用に、顕微鏡(デジタルマイクロスコープ STV-450M)を購入。最大倍率200倍で、映像はPCに取り込むことができる。レンタル希望の方は連絡ください。(知り合い限定)
画像
・現在は「探検3」の撮影準備のため、各種作業を一旦停止中。

■原稿執筆関係

・短編小説「三冠王」投稿先を選定中。
・短編小説「斬られ用心棒」投稿先を選定中。

■チームウェンズデイ探検シリーズ3

シナリオ3稿が完成。
積雪のシーンを優先して撮影予定のため、撮影場所はロケハン終了。(おなじみの、茅ケ崎里山公園内)
3月中旬までに積雪がない場合は、富士山方面にロケに行く予定。

各種スタッフ・出演者募集中
撮影現場では何かと人手が不足します。メイキングビデオ撮影を含め、各種スタッフ募集中。

○小道具制作
・ミニチュアスノーモービル制作中
 カウリング部分をポリエチレン製のジョウロで作ったため、塗料が乗らず、仕上難航中。
画像

画像

画像

画像

・ミニチュアフィギア制作
 前作パート2で使用したもの(夏服)を改造して、冬服バージョンにする予定。
・絵コンテ作成(20%)
・フレームザック購入&自作

 かねてより、隊員が背負っているザックがチャチ、という指摘だったので、今回、中古で1つ購入。2つ目は見つからず、いつものように自作した。

■委託販売開始

チャンネルiでMVG作品の委託販売開始。
チームウェンズデイ探検シリーズ1,2の委託販売の他、今後は過去のオリジナル作品を無料で公開していく予定。
http://www.channeli.jp/

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

|スタッフ近況
・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2011.01)

2011/02/03 23:08
■「一滴の海 (仮題)」進捗状況

未撮影なのは、海岸でのレポーターのシーンと、脇役二人が顕微鏡を覗きながら話をする、室内シーンだが、そのうち、室内シーンの撮影場所として、友人の鈴木氏の仕事場を下見させてもらった。
2月中にも週末の夜に撮影させてもらう予定。
また、同作業場(自動車塗装工場)も、探検ビデオの撮影場所として下見させてもらった。探検ビデオ第3弾で使わせてもらう予定だが、時期は未定。

■原稿執筆関係

・短編小説「集合写真」を執筆。「ゆきのまち文学賞」に応募。原稿用紙10枚。
・短編小説「三冠王」投稿先を選定中。
・短編小説「斬られ用心棒」投稿先を選定中。
(結果発表)
・立川文学賞に応募の「カンブリアの蝶」は落選決定。今後、映像作品用に転用する。

■チームウェンズデイ探検シリーズ3

シナリオ第2稿まで完成。(閲覧希望スタッフは連絡ください)
各種スタッフ・出演者募集中
シナリオを検討したところ、シーンの種類は大きく4つに分かれる。
・実際に雪が積もっているところで撮影が必要なシーン
・通常の探検シーン
・輸送機の中のシーン
・ゲリラのアジトのシーン
・その他
このうち、輸送機とアジトの2つのシーンについては、撮影場所探しの必要があったり、出演者の人数をそろえる必要がある、など簡単には準備ができないため、後回しにする。
特に、雪を使ったシーンは、再優先して準備を進めている。

■委託販売決定

これから新規に、映像作品等のダウンロード販売を手掛ける、という会社から、ビデオの委託販売の誘いがあった。
MVGとしては、とりあえず探検ビデオシリーズの委託販売を依頼することとした。
店舗の詳細が分かり次第、告知する。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2010.11.12合併号)

2011/01/05 14:15
■「一滴の海 (仮題)」進捗状況
相変わらず、ドラマシーン以外のシュールな幻覚シーン用の小道具制作中心に各種編集活動を続けている。
・胎児の模型
・可動式イルカ、グリーンバック撮影/合成


・シーラカンス撮影/合成
画像
画像


■原稿執筆関係
・短編小説「カンブリアの蝶」(原稿用紙62枚)を
 立川文学賞に投稿。
・短編小説「三冠王」投稿先を選定中。
・短編小説「斬られ用心棒」投稿先を選定中。

■チームウェンズデイ探検シリーズ3
遅れていたシナリオ検討会兼・チームウェンズデイ忘年会を12月22日に行なった。
今回のテーマは「躍動感」。
脚本協力に武田氏を迎え、シリーズ中、最もエンターテインメント性の高い作品を目指す。
雪原のシーン等あるので、シナリオ第1稿の完成が待たれる。
また、この第3弾はDVD発売と同時に、ニコニコ動画等、動画投稿サイトで全編を公開し、2年後の「水曜スペシャル愛好会30周年記念作品」の宣伝も兼ねる予定。

■その他
年末は1日がかりで、年賀状用の工作。
画像

画像


●販売グッズ
○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版1500円(送料込み)で好評販売中。

|スタッフ近況
・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (2010.10)

2010/11/23 22:35
■「一滴の海」進捗状況

今月は小道具制作作業中心。

幻覚シーンに使う「可動式イルカ(10cm)」制作
主にグリーンバック合成で使用する。
画像


可動式シーラカンス(15cm)」完成
探検ビデオ2で使用したワニのモデル作成方法を応用して、ウレタンにニクロム線の熱で鱗の彫刻をして作成。
画像


画像


画像

光学式顕微鏡ダミー完成。
今後の作品で使用する他、希望があれば撮影用にレンタルも受け付ける予定。
画像

撮影済み映像は、随時編集中。
本格的に寒くなる前に、ドラマ部分の撮影を手配する予定。

■上映会関係

成城学園上映会に探検ビデオ2を送付。選考に通った場合、上映されるらしい。

■原稿執筆関係

児童小説「イシガメのゲン」二次選考を通過せず。
 第14回創作コンクール つばさ賞に応募していた事を忘れていたが、調べたところ、一次選考は通過、二次選考で落選という結果に終わっていた事が判明した。

(その他)
・短編小説「カンブリアの蝶」完成
 原稿用紙換算75枚。投稿先を選定中。
・短編小説「三冠王」投稿先を選定中。
・短編小説「斬られ用心棒」投稿先を選定中。
・児童小説「おじいさんのシーラカンス」執筆中(「デボンの泉」を児童版に改稿)

■チームウェンズデイ探検シリーズ3始動!

この冬に撮影予定の探検シリーズ第3弾のシナリオ検討に入った。
今回はアクション重視の内容で、多少、ドラマシーンもあるので若干名の出演者を募集する予定。

■MVG新年会企画中

MVG作品の関係者を中心に、新年会を企画中。
参加希望者は連絡を。

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)、ダウンロード版は300円で好評販売中。

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版は1500円(送料込み)、ダウンロード版は300円で好評販売中。

http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

■スタッフ近況・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (1009)

2010/10/03 20:56
■「一滴の海」進捗状況

 小道具の顕微鏡制作(70%完成)
 幻覚シーンの素材撮影
 幻覚シーンに一瞬使う「割れるイルカ」制作
 幻覚シーンに使う「可動式イルカ(10cm)」原型制作
 その他
 随時編集中

 10月に人物登場シーンを撮影終了の計画

■今月の釣果

 11日に引地川で今年最後と思われるウナギ釣り。
 事前に
 ・鯉は1点
 ・ウナギ3点
 ・亀マイナス2点
 ・その他の魚は2点
 というポイント設定をして午後5時から競争開始。
 午後9時半まで。

(結果)
●升田 亀 亀 亀 鯉 =マイナス5点
○横田 鯉 =1点

升田がまさかの亀3連発で、早々に自滅。
目当ての大物ウナギは釣れずに終わった。
ただ、この時期は例年、大物が釣れるという情報を現地で入手。
懲りずにあと1回くらいはチャレンジする可能性もあり。

■上映会出品

成城大学映画研究部主催の映画祭『TAKE∞(ゼロ)』の上映会作品募集に、探検2を応募予定。

http://zero7.xxxxxxxx.jp/

■原稿執筆関係

短編小説「カンブリアの蝶」完成

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)、ダウンロード版は300円で好評販売中。

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版は1500円(送料込み)、ダウンロード版は300円で好評販売中。

http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

|スタッフ近況
・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (1008)

2010/09/01 23:46
■短編映像作品「一滴の海」進捗状況

・編集作業は、未撮影の部分に絵コンテの画像など、仮の映像をはめ込み、進行中。順次、撮影した映像と差し替えていく。
・サウンドトラック検討用として、音楽担当の栗木健さんに、ケン=ラッセル監督作品「アルタードステイツ」を渡した。
・制作中の小道具・光学顕微鏡。主な材料は木材。
画像

・幻覚シーンに使う、イルカの骨格模型制作

画像

・三浦半島で各種素材撮影
・追加キャストについては交渉中。
・猛暑のため、7、8月で撮影終了という当初の計画は大幅に遅れている。

■今月の釣果

・地元、引地川で夜釣り。
 釣りあげたウナギ2匹のうち1匹は、これまでの記録を20センチ上回る71センチの大物だった。
 針:丸セイゴ11号 餌:エビの代わりのオキアミ
画像

・翌週も挑戦したが、連日の猛暑で水温が高すぎるせいか、全くアタリもなし。
・さらに翌週は、スイカを買いに三浦半島に行ったついでに荒崎で釣り。やはり全くあたりなし。9月中旬ごろまで海も川もだめか。

●NEWS

支払いシステムに振込手数料が格安のPayPalを採用し、探検シリーズのダウンロード版を改定しました。ダウンロード版の価格は300円に大幅値下げ。

■原稿執筆関係

短編小説「カンブリアの蝶」を執筆中(第2校)

●情報募集

・上映作品募集情報求む
完成済みの探検シリーズ第1弾、第2弾を出品可能な上映会情報を募集します。こころあたりがありましたらご連絡ください。

●販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾
DVD版は1000円(送料込み)、ダウンロード版は300円で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾
DVD版は1500円(送料込み)、ダウンロード版は300円で好評販売中。

■スタッフ近況・栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVG活動報告 月刊夢の島工房 (1006)

2010/07/07 00:29
■短編映像作品「一滴の海」

画像

プロジェクト再開のため、シナリオの練り直しをしつつ、撮影が決定している部分の小道具制作を進めている。

未撮影部分について、新たな出演者4人が必要。そのうち1人は増田知也さんに決定。他のキャストはシナリオの練り直し終了後、スケジュール込みで出演交渉する予定。この夏には撮影を終えたい。

現状把握も兼ねて、仮編集版を作成した。未撮影部分は絵コンテの画像や仮の写真などを使っている。今後は、シナリオの修正や実際の撮影とともに、これを随時更新。撮影と編集を同時進行する。

シナリオの練り直し
既にシーンの大半は撮影済みのため、大きな変更はないが、できる限りシナリオを見直して、改善案を盛り込もうとしている。

■試写会
6/12 東海道線・辻堂駅そば「stone」で「チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾」の試写会&打ち上げが行われた。

画像

「stone」 藤沢市辻堂元町1-3-25 コラムIIビル2F 辻堂駅5分 tel/fax:0466-37-4130

■ネットコンテンツ用トーク番組「矢追の部屋」

探検シリーズ第2弾の特典映像として収録した「矢追の部屋」が予想外の好評を博しているため、ネット用シリーズコンテンツとして制作することにした。
ゲストは独断で決定し、出演交渉を行っていくが、出演希望があれば、検討しますので連絡ください。

●NEWS
OUTSTUDIOさんに探検シリーズ・第1弾を委託販売していただいています。
http://outstudio.o-oku.jp/

だがゲーさんのトップページで探検2の宣伝をしていただいています。
このサイトでは、懐かしの新幹線ゲーム等が再現されていて、無料で遊べます。
http://www.dagage.com/

映像作家の河田秀二さんのブログで、探検2の紹介をしていただきました。感涙ものの解説です。
http://blog.goo.ne.jp/taicho_1965/1

水曜スペシャル・探検隊シリーズ−ファンサイトさん内の雑記帳で、探検2の紹介をしていただきました。
http://tanken.nomaki.jp/

●情報募集
・上映作品募集情報求む
完成済みの探検シリーズ第1弾、第2弾を出品可能な上映会情報を募集します。こころあたりがありましたらご連絡ください。

■販売グッズ

○チームウェンズデイ探検シリーズ第1弾DVD版は1000円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾DVD版は1500円(送料込み)で好評販売中。
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Emvg/1_toku_images/Wednesday01/Wednesday01.html

○オーディオドラマ•神の棲む源流ダウンロード版(mp3ファイル)は無料で配布中
希望者はこちらからお知らせください。

|スタッフ近況•栗木健
http://kurikiken.web.fc2.com/i
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

MVGwork/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる